最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,876.82 +289.81
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,840 +270

[PR]

業績ニュース

JR本州3社が最高益 19年4~6月期最終 新幹線がけん引

2019/7/30 20:30
保存
共有
印刷
その他

JR本州3社は30日、2019年4~6月期の連結決算を発表し、3社の純利益がそろって同期間で最高となった。4~5月のゴールデンウイークが10連休となった影響などで在来線より採算の良い新幹線の観光利用が伸びた。

訪日客増加の追い風が続く(東京駅)

JR東海の純利益は前年同期比7%増の1313億円だった。インバウンド(訪日客)などの観光利用のほか、旺盛なビジネス需要を背景に東海道新幹線の運輸収入が5%増えた。電気料金の上昇など費用増を増収効果で吸収した。名古屋駅前の百貨店を運営するジェイアール東海高島屋や、子会社の日本車両製造の海外輸出も好調だった。

JR東日本の純利益は17%増の915億円だった。大型連休中の新幹線・特急・急行列車の利用者は前年比で16%伸びた。6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の開催期間中に駅業務や警備の外部委託費用が膨らんだが、運輸収入の伸びで補った。不動産事業ではオフィスビルの賃料収入も伸びた。

JR西日本の純利益は425億円と10%増えた。山陽新幹線(新大阪~西明石間)の利用者が6%増えたほか、3月に大阪府東部を南北に結ぶ「おおさか東線」が全線開業したのが寄与した。「駅ナカ」のセブン―イレブン・ジャパンとの提携店も好調だった。不動産事業は一部物件を売却した前年同期に比べ減収となった。

20年3月期通期の業績見通しは3社とも従来予想を据え置いた。リニア中央新幹線に関連して設備投資が増えるJR東海は純利益を前期比5%減の4160億円と見込む。JR東は2%増の3010億円、JR西は15%増の1185億円と増益の見通しだ。

JR東はあわせて8月5日に発行済み株式の1.02%に当たる388万9800株(約400億円に相当)を消却すると発表した。「中長期的な株主還元の一環として実施する」(同社)という。JR西も自己株式114万6900株(発行済み株式の0.6%)を8月15日に消却すると発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム