卸売業2年ぶり減益 18年度本社調査、物流費高騰響く

2019/7/30 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた「第48回日本の卸売業調査」で、全業種の卸売業498社の2018年度の売上高は前年度に比べ1.2%増加したが、営業利益は3.8%減となった。減益は2年ぶり。人手不足を背景に高騰する物流費が重荷になっているうえ、食品・日用品メーカーの相次ぐ値上げを競争が激化する小売業に転嫁しきれていない背景もある。(詳細は31日付日経MJに)

調査は905社を対象に5月下旬から7月中旬に実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]