成田国際空港・田村新社長 地域向け交付金、拡充視野

2019/7/30 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月に成田国際空港会社(NAA)の社長に就任した田村明比古氏は日本経済新聞のインタビューで、最優先課題として3本目の滑走路新設など機能強化の推進を挙げ「1日でも早く実現しなければいけない」と早期完成に意欲を示した。騒音対策や地域振興策への協力を求める周辺の市町との対話重視も強調し、周辺対策交付金の拡充にも言及した。

NAAはこれまで第3滑走路の運用開始時期を「20年代後半」と説明してきたが、田村…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]