四国銀が22店舗で昼休み 10月、一部代理店は隔日営業

2019/7/31 6:18
保存
共有
印刷
その他

四国銀行は30日、支店13カ所と代理店9カ所の合わせて22店舗で10月1日から昼休みを導入すると発表した。いずれも午前11時半~午後0時半、窓口業務を休業する。ATMコーナーは利用できる。全103店の2割で、四国銀が昼休みを導入するのは初めて。これに伴い「かづらしま支店」(高知市)は営業時間を午後3時から同5時に2時間繰り下げる。

13支店には徳島と愛媛の3支店を含む。代理店は四国銀の委託を受けて預金受け入れや融資などを扱う店舗で、昼休みを導入する9店舗はいずれも高知県内にある。このうち香美市にある「美良布(びらふ)代理店」は平日3日、「大栃(おおどち)代理店」は同2日の隔日営業となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]