2019年9月21日(土)

日本のプルトニウム保有が減少 18年末時点

2019/7/30 16:56
保存
共有
印刷
その他

国の原子力委員会は30日、日本の電力会社や研究機関が所有するプルトニウムが2018年末時点で約45.7トンだったと発表した。17年末時点の約47.3トンより約1.6トン減った。国内で保管しているプルトニウムは約9トン、英国とフランスに置いている海外保有分は約36.7トンだった。

プルトニウムは原子力発電所から出た使用済み核燃料を再処理した際に生じる。ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工し、原発で再利用される。18年は関西電力が高浜原発3、4号機、九州電力が玄海原発3号機でそれぞれ消費したため減少した。

プルトニウムは核兵器に転用可能とされるため日本は米国から削減を求められていた。原子力委と経済産業省は18年に削減を目指す方針をまとめている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。