/

「トーマス」が大江戸線に 都、子育て応援スペース

東京都は31日から、都営地下鉄大江戸線の一部車両内に「子育て応援スペース」を設置する。全部で58編成ある大江戸線の電車のうち、3編成の3号車と6号車に設ける。壁には人気キャラクター「きかんしゃトーマスとなかまたち」の装飾を施す。乳幼児や保護者が気兼ねなく地下鉄を利用できる環境づくりを目指す。

大江戸線の車両にはもともと、車いすやベビーカー利用者向けのスペースがある。その場所を活用する。

小池百合子知事は30日、同車両を視察して親子連れと意見交換した。小池氏は記者団に「子どもを連れていっていいというメッセージがスペースに詰まっており、保護者は安心できる」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン