2019年9月15日(日)

リコー、25年にヘルスケア事業500億円に

2019/7/30 16:30
保存
共有
印刷
その他

リコーは30日、ヘルスケア事業の説明会を開き、2025年に500億円の売上高を目指す方針を明らかにした。磁場の変化から神経の活動を可視化する脊磁計やインクジェット技術で細胞を吹き出す「バイオプリンティング」などに注力する。主力の事務機器事業がペーパーレスの流れで大きな成長が見込みにくい中、新規事業としてヘルスケア分野を収益の柱に育てる考えだ。

リコーは14年度から脊磁計の研究開発に取り組み、16年には磁場の変化から脳が機能しているかをみる脳磁計事業を横河電機から買収した。今年4月にはヘルスケアの事業開発と研究開発を一体化した。新規事業として育成を急いでいるが、売上高はまだ少ない。

脊磁計は東京医科歯科大学や金沢工業大学と開発し、腰部や末梢(まっしょう)神経の磁界計測に成功した。「脊磁計を約100億円の事業に育てたい」(源間信弘HC事業本部長)という。

もう1つ注力するのがバイオメディカル分野だ。事務機器で培ったインクジェットの技術を応用し、バイオプリンティングの技術を開発している。年内にはバイオプリンティング技術を使った検査キットを発売する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。