LINE、販促サービス一部停止 アップルが問題視

2019/7/30 15:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

LINEが対話アプリを使った企業向け販促サービスの一部を停止したことが、30日までに分かった。米アップルのアプリ配信サービス「アップストア」の審査で問題が発生したためだ。LINEを通じた飲料の無料配布キャンペーンなどが対象で、大手メーカーなどの販促戦略に影響が出る可能性がある。

アップルが問題視したのは、LINEが企業から請け負うキャンペーンだ。LINE内に配信する広告から応募し、抽選で商品をも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]