/

この記事は会員限定です

日本一らっきょう産地の鳥取、「農福連携」を推進

[有料会員限定]

国が地域ブランドとして保護する「地理的表示」(GI)に登録された日本随一のらっきょう産地の鳥取市で、らっきょうの植え付け工程に障害者も加わる新たな農福連携が始まった。新型の自動植え付け機も導入し、作業の省力化を図る。農福連携は障害者の社会参画の促進と農家の人手不足の解消につながるとして国も推進しており、関係者は「農福連携も組み合わせた産地振興を目指したい」と期待する。

100年を超す歴史を持つ鳥取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン