ニュース

フォローする

野球で培った分析力 ラグビー・稲垣啓太(下)

2019/8/3 5:30
保存
共有
印刷
その他

今も少年のままなのかもしれない。ラグビー日本代表、稲垣啓太という人間の大枠は20年前から同じだ。

186センチ、116キロの堂々たる体。実は中学1年からこのサイズだ。ぜい肉が筋肉に一変はしたが「当時の服も着られると思う」。

人間の大枠は20年前から同じ。稲垣は少年時代から入念な準備を積み重ねてきた

人間の大枠は20年前から同じ。稲垣は少年時代から入念な準備を積み重ねてきた

選手としての向上心、頭の働かせ方も新潟の野球少年時代にほぼ完成していた。「試合前の準備が大切だとその頃から分かっていた。全体練習しかしなかった時は結果が出ず、やるべきことを見つけて取り組んだ時はいい結果だった。ちゃんと準備するスタイルは小学校から変わらない」

毎回の試合までに何本バットを振ると決め、実行する。数をこなすだけではない。夜、自宅の庭でロウソクに火をともす。内角高め、外角低めなど投球のコースを想定。その場所にロウソクを立てる。炎をボールとみなして300スイング。最後の一振りで火を消す。「小学1年の時からやっていた」鍛錬だ。

捕手だった中学時代、配球や打者のしぐさを毎日、書き留めるところから始まったノートは、プロラグビー選手の今も書き続ける。

反対に、生兵法は厳に慎む。タックルされながら球をつなぐ「オフロード」と呼ばれるパス。手の小さい日本人は苦手だが、好機につながりやすく、日本のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは奨励している。しかし「僕はオフロードはやらない」と稲垣。「まだいける実感がない。僕は練習でできないことは絶対に試合ではやらない」

大学時代、講演で磨いた言語化する力

定評がある試合中の的確な指示も、実戦投入までに月日を重ねた。発端は関東学院大時代。当時のラグビー部長、春口広の講演にたびたび同行し、千人の聴衆の前でスピーチを任された。一時代を築いた名将の計らいで、思考を言語化する力がまず磨かれた。

2013年にパナソニック入部。代表の主柱でもある堀江翔太の背中を見て、試合中に短時間で伝えるという一段上の挑戦も始まった。「最初は指示することに意識が行きすぎて、自分のポジショニングが遅れることもあった」。手応えを得たのは15年ワールドカップ(W杯)前。本番は全試合で指示力を存分に発揮、日本の3勝に貢献した。

いま、稲垣の発言力はさらに増している。試合後は稲垣の解説を求めて報道陣が列をなす。秋のW杯では、多くの人がその言葉でラグビーの深淵に触れるだろう。本人はごくあっさりと「準備してやることをやるだけ」。自国開催の大舞台でも、この涼しい顔はおそらく変わらない。=敬称略

(谷口誠)

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
元ラグビー日本代表の大野均さん

 ラグビー日本代表として最も多くの国際試合に出場した大野均さん(42)が5月、現役を引退した。20年来の選手生活を通じて身にしみて感じたのは、「チャンスはいつ訪れるか分からない」。若者には今、目の前に …続き (8/23)

 昨年のラグビーW杯1次リーグで日本代表はスコットランドを破り8強入り。チケット販売増加にもつながった=共同共同

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の経済効果が大会史上最高の6464億円に達したとの分析結果がまとまった。大会組織委員会から委託された大手国際会計事務所、アーンスト・アンド・ヤング(EY)が2 …続き (6/24)

宝くじ収益金など公金に頼らずとも運営できるかが、次なる課題に(ラグビーW杯の決勝に詰めかけた観客)

 「食品の規制を緩和しました」――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催中、大会組織委員会の告知が話題を呼んだ。禁止していた食料品の持ち込みを開幕4日目で認めたのだ。需要の読みが外れて上振れし、売店 …続き (2019/12/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]