セブン、全会員のパスワードを強制リセット 1650万人

2019/7/30 13:12 (2019/7/30 14:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイHDは、セブンペイの不正利用は、「リスト型攻撃」による被害との見方を強めている

セブン&アイHDは、セブンペイの不正利用は、「リスト型攻撃」による被害との見方を強めている

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は30日、スマートフォンアプリやインターネット通販サイトの利用に必要なグループ共通IDのパスワードリセットを始めたと発表した。バーコード決済サービスが不正利用された事件に対応し、安全性を担保したい考え。共通ID「7iD」会員全約1650万人が対象で、パスワードを再設定しないと使えないようにする。

【関連記事】セブン&アイ、セブンペイ不正利用で失ったもの

7iDは不正利用された決済サービス「セブンペイ」や「セブン―イレブンアプリ」など傘下企業のスマホアプリだけでなく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]