2019年9月17日(火)

ディープインパクトが死ぬ 中央競馬でクラシック三冠

2019/7/30 12:33 (2019/7/30 23:04更新)
保存
共有
印刷
その他

菊花賞を制し、無敗三冠馬となったディープインパクト(2005年)=共同

菊花賞を制し、無敗三冠馬となったディープインパクト(2005年)=共同

2005年に無敗の三冠馬となるなど中央競馬のG1で史上最多タイの7勝を挙げ、その快走ぶりから「空を飛ぶ馬」と呼ばれた名馬ディープインパクトが30日早朝、死んだ。17歳だった。

種牡馬として繋養していた北海道安平町の社台スタリオンステーションによると、同馬は今月28日に頸部の手術を受け、経過は安定していたが、29日の午前中に突然起立不能となった。30日早朝の検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないため安楽死の処置が取られた。同馬は体調不良で今年3月末から種付けを中止していた。

名種牡馬サンデーサイレンス産駒で池江泰郎厩舎に所属し、武豊騎手が全レースに騎乗したディープインパクトは04年12月にデビュー。05年は皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制し、7戦7勝でシンボリルドルフ以来、史上2頭目となる無敗でクラシック三冠を獲得した。後方で脚をため、最終コーナーで大外から飛ぶように一気に追い上げるレースぶりがファンを熱狂させた。

同年の有馬記念で2着と敗れたが、06年は天皇賞・春、宝塚記念を連勝した。秋にはフランスの凱旋門賞に挑戦して3位に入線したが、後に禁止薬物が検出されて失格。しかし帰国後のジャパンカップ、引退レースの有馬記念も圧勝して有終の美を飾った。

通算成績は14戦12勝(うち海外1戦0勝)、日本中央競馬会(JRA)獲得賞金は14億5455万1千円。08年には競馬の殿堂入りした。

種牡馬としても今年のロジャーバローズのほかキズナなどダービー馬5頭や、牝馬3冠のジェンティルドンナを含む多数のG1馬を出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。