日銀が注視する米利下げの「深度」と円高の「震度」
編集委員 清水功哉

ニュースこう読む
2019/7/30 12:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の利下げ開始は確実視されるが、現時点で円相場などへの影響は限定的――。30日の金融政策決定会合の決定は、日銀のそんな判断に基づくものだ。短期金利のマイナス幅を広げる「マイナス金利の深堀り」といった本格的な金融緩和措置を温存したのはもちろん、フォワードガイダンス(政策金利に関する指針)の強化も見送った。

【関連記事】日銀、金融緩和を維持 「ちゅうちょなく追加緩和」

背景には、米連邦準備理事会(F…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]