/

米銀、1億人分情報漏洩か 容疑者はアマゾン元技術者?

【ニューヨーク=宮本岳則】米銀大手キャピタル・ワン・ファイナンシャルは29日、外部からの不正アクセスでクレジットカード利用者など1億600万人分の個人情報が漏洩した可能性があると発表した。米連邦捜査局(FBI)は容疑者1人の身柄を拘束した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版は、情報漏洩ならば大手銀行として過去最大規模になると伝えた。

詐欺などの被害は確認されていないという。

漏洩した可能性があるのは米国とカナダのクレジットカード利用者や申請者の個人名や住所、連絡先など。社会保障番号も14万人分が漏れたことが考えられるという。

キャピタル・ワンはインターネット上でサーバーを貸し出す「クラウドサービス」を利用し個人情報を保存している。容疑者は同社システムの欠陥を突いて不正アクセスし、個人情報を閲覧できる状態だった。

米司法省は29日、FBIの捜査によって、米シアトルの企業に勤めていた技術者を拘束したと発表した。WSJは、キャピタル・ワンが使っていたのはシアトルに本拠を置く米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービスで、容疑者はアマゾンのクラウド部門の元従業員だと報じた。

キャピタル・ワンはクレジットカードや消費者向け金融などを手掛ける金融持ち株会社。調査会社S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによると米銀総資産額で上位10位内に入る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン