「天気の子」新海監督が語る 「君の名は。」からの変化
編集委員 中村直文

ニュースこう読む
2019/7/30 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新海誠監督の「天気の子」がヒットしている。公開から10日で300万人、興行収入は40億円と前作の「君の名は。」を超える勢いだ。新海監督にインタビューするとわずか3年で社会、そして監督自身にも変化があったという。話題作から猛スピードで変わる時代の性格を探った。

天気の子は近年の異常気象をテーマに少年少女の恋模様や様々な世代の悩みなどを描いている。2016年に興行収入250億円を突破した「君の名は。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]