eスポーツ世界大会、米16歳が優勝 賞金3億円

2019/7/30 9:08
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=丸山修一】人気のオンライン対戦ゲーム「フォートナイト」の世界大会がニューヨークであり、米国のカイル・ギアースドーフさん(16歳)がソロ部門で優勝した。賞金の300万ドル(約3億2600万円)を得た。「eスポーツ」と呼ばれるオンラインゲームの大会は規模が拡大し、高額な賞金を提供するようになっている。日本を含む各国で注目を集め、新たなビジネスとして育ってきた。

優勝したギアースドーフさん=USA TODAY Sports

優勝したギアースドーフさん=USA TODAY Sports

ロイター通信などが伝えた。ギアースドーフさんは「ブーガ」のニックネームで知られる。決勝大会は26~28日で、100人以上が参加した。賞金総額は3千万ドルで、eスポーツの大会としては過去最高とみられる。ギアースドーフさんは「何て言ったらいいかわからない」と喜びを語った。

eスポーツは2019年に前年比27%増の11億ドル規模の産業になるとの試算もある。競技人口は増え、広告や放映権などを巡り多額のマネーが動くようになった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]