/

この記事は会員限定です

「ガンプラ」で静岡に新工場 バンダイナムコ

アジアで人気、生産能力4割増

[有料会員限定]

バンダイナムコホールディングスは静岡市に新工場を建設する。2020年秋に稼働し、人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルの生産能力を4割引き上げる。「ガンプラ」はアジアで人気が高まっており、18年度の出荷数は1573万個と10年前の2.5倍に拡大した。ハリウッドでガンダムの実写映画を制作する計画もあり、欧米での需要増に備える。

子会社のバンダイスピリッツ(東京・港)のガンプラ専用工場、バンダイホビーセンター(静岡市)に新工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン