/

この記事は会員限定です

イデコは節税投資の「王様」 賢く使う7法則

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

節税効果の大きさから老後資金づくりの「王様」と呼ばれる個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)。自分で預貯金や投資信託などの投資対象を選び、成績次第で老後年金が変わる仕組み。今は企業型確定拠出年金(DC)加入者は原則イデコの対象外だが、厚生労働省は併用を可能にする検討に入った。来年の通常国会に改正法案が出される可能性がある。「イデコ全員加入時代」に備え、賢く使う「7法則」を知っておこう。

法則1、掛け金はなるべく多く拠出

イデコは掛け金の全てが税金の対象から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン