/

この記事は会員限定です

任天堂、4~6月期46%減益 「スイッチ」延命策カギ

大阪経済部 川崎なつ美

[有料会員限定]

任天堂が30日発表した2019年4~6月期の連結純利益は前年同期比46%減の166億円だった。ゲームの高性能化に伴い研究開発費が増えたほか、為替差損も響いた。純利益が前期比7%減の1800億円となる20年3月通期の見通しは据え置いた。今後の業績を占ううえでの注目点は、やはり発売から3年たった主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の延命策の成否だ。

「スイッチも過去の任天堂のゲーム機『Wii』と同様にピーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン