/

この記事は会員限定です

バリアフリー対応、衆院も検討へ 一気に対応進む可能性

[有料会員限定]

参院選で重度の身体障害をもつ船後靖彦氏と木村英子氏が当選したのを受け、参院だけでなく衆院もバリアフリー対応の検討を始めた。身体障害に限らず高齢化に伴う車いすの使用など今後ハンディキャップを背負う国会議員は増えそうだ。れいわ新選組の2氏の当選を契機に国会のバリアフリー化が一気に進む可能性が出てきた。

大島理森衆院議長や高市早苗衆院議院運営委員長(自民)が衆院のバリアフリー対応の検討に着手するよう既に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン