/

この記事は会員限定です

新潟市の舞踊団「Noism」存廃、市長8月に判断

(@news越後)

[有料会員限定]

今年で発足15年を迎えた新潟市の舞踊団「Noism(ノイズム)」が存廃の岐路に立っている。国内初の公立劇場専属の舞踊団として活動してきたが、市の逼迫した財政事情を背景に2020年9月以降の活動が不透明となっている。中原八一市長は8月中に活動継続の可否を判断する。市長の判断は市の文化政策の行方を位置付けることになる。

ノイズムは7月、新潟市と東京都目黒区で15周年公演を開いた。「いつか見られなくなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン