スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

日本新は1つのみ、若手の育成進まず危機感 世界水泳総括

Tokyo2020
2019/7/29 19:31
保存
共有
印刷
その他

水泳の世界選手権は28日、競泳男子の瀬戸大也(ANA)が400メートル個人メドレーで2大会ぶりに優勝、女子400メートル個人メドレーでは大橋悠依(イトマン東進)が銅メダルをとり、閉幕した。競泳の日本勢は金2、銀2、銅2の計6個のメダルを獲得。リオデジャネイロ五輪前の2015年大会(4個)より増えたものの、若手の育成で世界から後れを取り、課題も大きく残った。

男子200メートル自由形で銀メダルを獲得し、喜ぶ松元=山本博文撮影

男子200メートル自由形で銀メダルを獲得し、喜ぶ松元=山本博文撮影

「選考会の結果からすればよくここまで成績を出せたのではないか」。日本代表の平井伯昌監督はうなずきながらこう話す。

日本選手権、ジャパンオープンと2つの代表選考会では実力者が次々と代表入りを逃し、記録も低調。萩野公介、池江璃花子の両エースも不在で「なかなか厳しい戦いになる」と平井監督は金メダルゼロの可能性も示唆していた。競泳大国としての最低限の面目は保ったといえるだろう。

メダリストは4人と、15年大会より1増。ただ、今大会での新入りは男子200メートル自由形銀の松元克央(セントラルスポーツ)のみ。女子のメダル獲得者は大橋1人に終わった。100メートル平泳ぎ4位の青木玲緒樹(ミズノ)などあと一歩で表彰台を逃した選手も多く、来夏へ勢いづくには物足りない内容だった。

個人種目の世界新記録は6個出たなか、日本新を出したのは松元だけ、日本勢は全体的に記録も伸び悩んだ。

大会全体を見てみれば、男子200メートルバタフライを世界新記録で制したクリシュトフ・ミラク(19、ハンガリー)、女子100メートル、200メートル背泳ぎで世界新を出したリーガン・スミス(17、米国)ら10代選手が話題を席巻。一方で日本は代表25人中、10代は6人、うち決勝進出者は2人のみ。スミスと17年世界ジュニア選手権で競り合っていた酒井夏海(18、スウィン美園)は「すごい差をつけられた」とうつむいた。

「若手の強化は常に努力しているつもりだが、追いついてないのが現状」と平井監督。イキの良い若手選手を発掘するため、8月の世界ジュニア選手権も視察するという。秋に実施予定の代表候補合宿で現メンバーと若手をうまく融合させながら、東京五輪へ危機感を持って強化スピードを上げる必要がある。(堀部遥)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める。

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]