GO TOKYO

フォローする

日本新は1つのみ、若手の育成進まず危機感 世界水泳総括

2019/7/29 19:31
保存
共有
印刷
その他

水泳の世界選手権は28日、競泳男子の瀬戸大也(ANA)が400メートル個人メドレーで2大会ぶりに優勝、女子400メートル個人メドレーでは大橋悠依(イトマン東進)が銅メダルをとり、閉幕した。競泳の日本勢は金2、銀2、銅2の計6個のメダルを獲得。リオデジャネイロ五輪前の2015年大会(4個)より増えたものの、若手の育成で世界から後れを取り、課題も大きく残った。

男子200メートル自由形で銀メダルを獲得し、喜ぶ松元=山本博文撮影

男子200メートル自由形で銀メダルを獲得し、喜ぶ松元=山本博文撮影

「選考会の結果からすればよくここまで成績を出せたのではないか」。日本代表の平井伯昌監督はうなずきながらこう話す。

日本選手権、ジャパンオープンと2つの代表選考会では実力者が次々と代表入りを逃し、記録も低調。萩野公介、池江璃花子の両エースも不在で「なかなか厳しい戦いになる」と平井監督は金メダルゼロの可能性も示唆していた。競泳大国としての最低限の面目は保ったといえるだろう。

メダリストは4人と、15年大会より1増。ただ、今大会での新入りは男子200メートル自由形銀の松元克央(セントラルスポーツ)のみ。女子のメダル獲得者は大橋1人に終わった。100メートル平泳ぎ4位の青木玲緒樹(ミズノ)などあと一歩で表彰台を逃した選手も多く、来夏へ勢いづくには物足りない内容だった。

個人種目の世界新記録は6個出たなか、日本新を出したのは松元だけ、日本勢は全体的に記録も伸び悩んだ。

大会全体を見てみれば、男子200メートルバタフライを世界新記録で制したクリシュトフ・ミラク(19、ハンガリー)、女子100メートル、200メートル背泳ぎで世界新を出したリーガン・スミス(17、米国)ら10代選手が話題を席巻。一方で日本は代表25人中、10代は6人、うち決勝進出者は2人のみ。スミスと17年世界ジュニア選手権で競り合っていた酒井夏海(18、スウィン美園)は「すごい差をつけられた」とうつむいた。

「若手の強化は常に努力しているつもりだが、追いついてないのが現状」と平井監督。イキの良い若手選手を発掘するため、8月の世界ジュニア選手権も視察するという。秋に実施予定の代表候補合宿で現メンバーと若手をうまく融合させながら、東京五輪へ危機感を持って強化スピードを上げる必要がある。(堀部遥)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
日本選手権男子100メートルで優勝した桐生祥秀(中)と2位のケンブリッジ飛鳥(左)。コロナ禍のシーズンをけん引した=共同共同

 五輪競技の中でも再開が早かった陸上は、10月初旬に日本選手権が開催された。東京五輪延期に伴うモチベーション低下や自粛の影響で盛り上がりを欠くシーズンになるかもしれないと心配していたが、杞憂(きゆう) …続き (10/24)

低酸素状態でトレーニングを行う競泳の中村克(9月30日、東京都江東区)

 東京五輪・パラリンピックをめざすアスリートたちが、少しずつ練習や試合といった「日常」を取り戻しつつある。ただ、海外渡航制限や感染リスクはなお立ちはだかり、コロナ前と全く同じとはいかない。そんな中でも …続き (10/8)

男子高飛び込み決勝で1位になった玉井陸斗の6回目の演技=代表撮影代表撮影

 連覇が決まると、玉井は張り詰めていた糸が切れたようにほほ笑んだ。「最高でした」。決勝は自己ベスト、それも2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル相当の高得点。国内大会と国際大会の得点を単純比較はできな …続き (9/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]