/

日航、20年に成田-ロシア・ウラジオストク線を開設

日本航空(JAL)は29日、2020年に成田とロシア極東ウラジオストクを結ぶ路線を新たに開設すると発表した。JALにとってロシア路線はモスクワ線に続き2都市目。ビザの取得が容易になったロシア沿岸地域は日本人の旅行先としても注目が高まっている。

20年夏期ダイヤから毎日運航する。発着時間はそれぞれ午前11時20分成田発、午後2時45分ウラジオストク着と、午後4時25分ウラジオストク発、午後5時40分成田着を予定する。使用するのは米ボーイングの小型旅客機「737-800」で、ビジネスとエコノミーを設定する。

同じ航空連合のワンワールドに加盟するロシアの航空会社、S7航空の路線網を生かし、ウラジオストクからハバロフスクやイルクーツクなどロシア各都市にも接続する。

ウラジオストクを巡っては全日本空輸(ANA)も20年3月から成田―ウラジオストク線を開設すると発表した。ロシア極東地域を巡る両社のつばぜり合いが激しくなりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン