/

NTTと東京メトロ、鉄道保守や駅の混雑緩和で協業

NTTと東京地下鉄(東京メトロ)は29日、鉄道インフラの保守など3分野で協業すると発表した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を使い、車両や線路の状態を遠隔で監視する。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、競技会場近くの駅の混雑予測にも共同で取り組む。

鉄道設備の保守では、IoTセンサーを車両などに取り付けて共同でデータを収集・分析する。使用状況などから故障が発生する時期を設備ごとに予測することで、効率的な保守につなげる。

東京五輪に向けては、NTTグループが持つ携帯電話から得られる移動データと、東京メトロの持つ改札の入退場のデータを組み合わせる。五輪前のイベントなどのデータに基づき、五輪開催中に地下鉄を増発したり、混雑状況をホームページで知らせたりする。

同日開いた記者会見でNTTの澤田純社長は「人の移動をリアルタイムで把握でき、社会的に大きな意義のあるサービスだ」と強調した。3つ目の協業としては、駅周辺の移動手段の提供に共同で取り組み、NTTグループで展開するシェア自転車を地下鉄の乗客に紹介することなども想定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン