/

この記事は会員限定です

VAB、自動車用添加剤を発電機に用途拡大

@多摩

[有料会員限定]

自動車のエンジンオイル添加剤製造のVAB(東京都町田市)は、添加剤の用途をディーゼル発電機に拡大する。エンジンオイルに混ぜて使用すると、還元作用で窒素酸化物(NOx)の濃度を下げ、燃費の向上にもつなげられることがわかった。再生エネルギー燃料である廃食油の利用拡大にもつなげられる。自家発電で同発電機を利用する施設の需要を見込む。

添加剤「エコナノ」は、直径30ナノ(ナノは10億分の1)メートルの酸化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン