VAB、自動車用添加剤を発電機に用途拡大
@多摩

2019/7/30 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車のエンジンオイル添加剤製造のVAB(東京都町田市)は、添加剤の用途をディーゼル発電機に拡大する。エンジンオイルに混ぜて使用すると、還元作用で窒素酸化物(NOx)の濃度を下げ、燃費の向上にもつなげられることがわかった。再生エネルギー燃料である廃食油の利用拡大にもつなげられる。自家発電で同発電機を利用する施設の需要を見込む。

添加剤「エコナノ」は、直径30ナノ(ナノは10億分の1)メートルの酸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]