/

この記事は会員限定です

文化プログラムで地域に絆、レガシーに 青柳正規氏

Tokyo2020 五輪で地域変わるか(2)

[有料会員限定]

オリンピックはスポーツだけでなく文化の祭典でもある。厳選されたアスリートが参加する競技とは違い、文化プログラムは多くの人が主役になれる。五輪を一時的なイベントで終わらせないため、地域は文化プログラムをどう生かせばいいのか。元文化庁長官で東京都の文化プログラムにも関わっている青柳正規・多摩美術大学理事長に聞いた。

――五輪における文化プログラムの役割は何ですか。

「地方をどう活性化するかが、社会でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン