印刷から地域支援業へ ユーメディア
技あり企業

2019/7/29 17:53
保存
共有
印刷
その他

印刷会社から「コミュニケーション支援企業」に変身を遂げ、仙台を陰で盛り上げている企業がある。2020年で創業60周年となるユーメディア(仙台市)だ。1992年の社名変更をきっかけに、あらゆる手段で顧客の課題解決を目指してきた。

8月3日にオープンする「ルート227カフェ」

同社の事業は東北の企業や自治体の広報物の作成、地域情報雑誌などの出版にとどまらない。イベントやウェブメディア、映像制作を通して地域産品の販路拡大や観光開発も手掛ける。

その中で今、力を注ぐのが8月3日に仙台市役所に隣接した市民広場に開業するカフェレストランだ。東北のポテンシャルを高めることを経済戦略に掲げる同市肝煎りの事業だ。ユーメディアはレストラン経営のハミングバード・インターナショナル(仙台市)との企業連合として公募し、運営の権利を勝ち取った。

店名は「ルート227カフェ」。各自治体の名産をメニューに組み込んだメニューを提供する。「227」は東北にある市町村の数だ。ひとくくりにはできない地域の多様性を掘り起こし、知ってもらう機会にしたいという思いを込めた。

カフェ運営に当たっては自治体や地元企業と接点がある営業部門とアイデアを形にするクリエーターがチームを組んだ。地域の課題を踏まえた上で、魅力の発信の在り方を議論した。

カフェが開設される広場は休日を中心にイベントが開催されにぎわうが、平日や夜間は人の滞留が少ないことが課題となっている。新たな文化が生まれる場所になってほしいという観点からカフェのほか、ファーマーズマーケットや各地のこけし展示と絵付け体験といったイベントを定期的に企画することを提案した。

東北全体ににぎわいをもたらすにはどのようにすれば良いか。現状では県単位のプロモーションが多く、細部が表現できていないことを問題視した。まず227市町村の名産をリストアップすることから始め、ハミングバードとメニューのアイデアを出し合った。

チームリーダーの佐々木和之氏は「東北227市町村とつながりを深め、仙台から東北各地に人を送り込みたい」と期待を込める。

(仙台支局 渡辺絵理)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]