記者コラム

フォローする

札幌がビール砂漠に? ラグビーW杯特需に戦々恐々

インバウンド
2019/7/30 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月に開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)開幕まで2カ月を切り、2試合が開催される札幌でケタ違いのビール消費への警戒感が広がっている。ビールメーカーは増産体制を敷くが、欧米から大挙して押し寄せる観光客の実際の飲みっぷりは未知数。時間制の飲み放題サービスを売り物にする札幌市内の飲食店は戦々恐々だ。

「海外のラグビーファンはとてつもなくビールを飲む。品切れになれば不満がネットで拡散し、日本の評…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

記者コラム 一覧

フォローする
日本―スコットランド戦の観戦のため横浜国際総合競技場を訪れたファン(13日、横浜市)

スポーツ現場の「通訳力」 [有料会員限定]


 少しは英語に心得があるつもりでいたが、その自信が揺らいでいる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手、コーチたちが話す英語があまりにも多彩で、聞き取れないことが多いのだ。
 予感はあった。昨年、ニュー …続き (10/12)

記念写真に納まる日本とサモアのファン

外部への扉 開く祭典 [有料会員限定]


 40歳以上の人がやるシニアラグビーというものがある。年代ごとにパンツの色を区別し、安全のため「上の世代へのタックルは禁止」など独自のルールが設けてある。そこで主審を務める人が言っていた。「80代の人 …続き (10/8)

ラグビーを始めた中学1年当時の姫野選手=松浦要司さん提供

 ラグビー日本代表が5日、ワールドカップ(W杯)3連勝をかけ、豊田スタジアム(愛知県豊田市)でサモアに挑む。世界の強豪を脅かす突破力で中核を担うのが、ナンバー8で先発出場する姫野和樹選手(25)だ。中 …続き (10/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]