/

この記事は会員限定です

次世代農業は「面白い」 浅井農園社長・浅井雄一郎さん

(ストーリー・中部発)

[有料会員限定]

三重県をキウイフルーツの産地に――。この夏、キウイ販売の世界最大手「ゼスプリ」(ニュージーランド)との連携事業をスタートさせた。

玉城町の支援の下、耕作放棄地などを集約し約7万3000平方メートルの農地を確保した。初収穫は2023年秋の予定だ。県の期待も高い。「浅井さんなら何か面白いことをやってくれるはず」

創業110年余、津市郊外に本社を置く浅井農園の5代目だ。11年前に1人で始めたトマト栽培は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン