/

この記事は会員限定です

コメダHD、ミャンマーで店員養成 日本の人手不足で

[有料会員限定]

「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングス(HD)は、ミャンマーで店員の養成を始めた。最大都市ヤンゴンの日本語学校で40人に日本語や店舗運営に必要なスキルを教え、日本政府の新たな在留資格「特定技能1号」の取得を目指す。国内で人手不足が深刻になるなか、2020年度にも直営店で即戦力として雇い入れる。

ミャンマー人の人材派遣を手掛けるジェイサット(ヤンゴン)が運営する日本語学校に新しいクラス「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン