タクシー配車アプリ「DiDi」 青森でサービス開始

2019/7/29 16:43
保存
共有
印刷
その他

中国配車大手の滴滴出行とソフトバンクが出資するDiDiモビリティジャパン(東京・千代田)は29日、スマホアプリによるタクシー配車サービスを青森エリアで開始した。青森県のタクシー5社と提携した。アプリで行き先、乗車場所、支払い方法を入力し配車を依頼すると、マッチングしたタクシー車両の現在地や情報、到着予想時刻が表示される。

「DiDi」を使える北星交通のタクシー。左が北星交通の下山清司社長

提携タクシー会社は青森中央タクシー(青森市)、一番・リンクタクシー(同市)、尾崎タクシー(五所川原市)、成長タクシー(青森市)、北星交通(弘前市)。利用可能地域は青森市(旧浪岡町除く)、弘前市、西目屋村、五所川原市、つがる市(旧柏村の区域に限る)、中泊町、板柳町、鶴田町。

DiDiモビリティジャパンは「青森はインバウンド、特に中国人が伸びている地域で需要が見込める」などと説明している。

3月には米国の配車サービス大手、ウーバーテクノロジーズが青森市の成長タクシーと提携して配車アプリサービスを始めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]