令和の象徴天皇 「公的行為」何をどこまで
編集委員 清水真人

「令和」新時代
政治アカデメイア
コラム(経済・金融)
コラム(政治)
2019/7/30 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

天皇陛下のご即位からもうすぐ100日。8月は1日に臨時国会の開会式、終戦記念日の15日に全国戦没者追悼式に臨まれる。ともに令和になって初めてで「お言葉」にも関心が集まる。これらは憲法が定める象徴天皇の国事行為ではない。退位された上皇さまが「象徴の務め」として不可欠だ、と重んじられた「公的行為」に当たる。ただ、何をどこまでなされるのか。そのあり方ははっきりしない。

■水問題に取り組むご意欲

憲法は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]