/

この記事は会員限定です

五輪、東京に変革迫る 60万人がテレワーク大実験

Tokyo2020 未来へつなぐ(上)

[有料会員限定]

東京五輪の開会式まで1年を切った。200を超える国・地域からアスリートが集まる平和の祭典は、今後の都市や社会を描く実験場でもある。「TOKYO」は未来にどんなメッセージを届けられるだろうか。

7月24日昼。競技会場に近い東京・豊洲のIHI本社は、普段混み合う食堂がガラガラだった。大会を見据えた混雑緩和の実証実験で、社員の約半数がテレワークや時差出勤をしたためだ。自宅で働いた30代の女性社員は「満員電車に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン