[FT]ソフトバンクのファンド第2弾に大きな疑問

FT
2019/7/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループが最初に立ち上げた970億ドル(約10兆円)規模の「ビジョン・ファンド」は、非公開市場で調達された過去最大の資金プールで、これにより会長兼社長の孫正義氏は世界で最も重要な技術関連の投資家になった。

そして第1弾を発表した3年後の7月26日、孫氏はビジョン・ファンド第2弾の計画を明らかにした。今度の出資予定額は1080億ドルと、さらに大きなファンドになる可能性がある。

だが、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]