ニュース

フォローする

先読む力で難局を打開 ラグビー・稲垣啓太(上)

ラグビーW杯
2019/8/3 5:30
保存
共有
印刷
その他

日本はゴールラインの2メートル前まで押し込まれていた。イタリアはパワーで攻め落とそうと、2メートルの巨漢にボールを託す。その瞬間、猛スピードで迫る影。稲垣啓太は116キロの体でぶつかり、3メートル押し戻した。昨年6月、ラグビー日本代表のテストマッチの一場面だ。タックルも秀逸だったが、その前のプレーが勝因だったと稲垣は振り返る。

「味方の守備の状況はあまり見ず、声で判断する」。稲垣の武器の一つは聞く力だ

「味方の守備の状況はあまり見ず、声で判断する」。稲垣の武器の一つは聞く力だ

直前、密集の右サイドに立っていた。左が攻められたため、カバーに回る。普通なら密集から2人目の位置に入る状況。しかし、稲垣は他の選手にその空間を埋めるよう指示し、自らは3人目まで足を伸ばした。防御ラインで最も速く前に出る、切り込み役のポジションを買って出た形だ。

同時に、目の前の相手がボールだけを見ていることにも気付いていた。パスが渡った瞬間、死角から接近して勝負あり。「自分がいかにいいタックルをするかじゃなく、いいタックルのシチュエーションをつくるかを考えている」という言葉通りの仕事だった。

海外勢と同等の体格に、規格外の仕事量を誇る。昨秋のロシア戦でチームの総タックル数約150回のうち20回を実行し、全て成功させた。スクラムも強く、パナソニック入部以来、6年連続でトップリーグのベスト15に選ばれている。代表に欠かせない理由はもう一つある。局面を予測する力、味方に指示する力が卓越していることだ。

■声を聞いて状況判断、味方にも指示

時には2手先まで読んで備える。守備の際、バックスの小兵がFWの正面に立つ場合がある。パワーで突破されたら大ピンチだ。「そういう場面をなくすために、接点になりそうな所にあらかじめ指示してFWを配置する」。相手FWが集まる危険地帯からバックスを避難させるわけだ。

守備担当のリーダーも務める稲垣だが、本来はこうした役割に向くポジションではない。プロップは密集に頭を突っ込んでいることも頻繁で、「攻守交代が起きても気づかないことも多い」。このハンディを補うために働かせるのは耳だ。

「味方の守備の状況はあまり見ず、声で判断する」。誰がどこに立ったという自己申告を拾い集め、頭の中に防御ラインを再現する。「じゃあ自分はここに行かなくてもいいなとか」

体の大きさ、速さには先天的な限界があっても「聞く力」は意識すれば伸ばせる。だから時には周囲に喝も入れる。「しゃべっているだけでは伝わらない。じゃあちゃんと情報を拾いに行けよって」。この秋のワールドカップ(W杯)日本大会。聞いて考えて話せる稲垣のような選手が増えれば、日本の守備はさらに堅くなる。=敬称略

(谷口誠)

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
南アフリカ戦に向け、室内でトレーニングする(左から)リーチ、木津、中島(16日、東京都内)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日本代表は16日、準々決勝の南アフリカ戦(20日・味の素スタジアム)に向けて東京都内で練習した。冒頭のみ報道陣に公開され、FWが屋内で …続き (10/16)

スコットランド戦で防御網を破る松島。快足を並べてサイドを破ったトライは周到な計画通りに奪ったものだった

 ラグビー日本代表が28―21と快勝した13日のW杯1次リーグ、スコットランド戦。コーチ陣と選手、それぞれの準備がかみ合っての勝利だった。
 最初のトライは計画通りに奪った。右のラインアウトから左端へボ …続き (10/15)

廣瀬俊朗氏

 大一番でも自分たちができることに集中し、鍛え上げた運動量をベースにいつも通りの準備をする。新たな歴史をつくったスコットランド戦の勝因を問われれば、それ以外に考えられない。アイルランドに続く連破で、「 …続き (10/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]