米利下げ、日本の短期金利上昇も 外国勢の債券離れで

2019/7/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米国の利下げが日本で短期金利の上昇につながるとの見方が出ている。日本の機関投資家の外債への投資が鈍ると、元手となるドルを提供して円を手にしてきた外国勢が、日本国債での運用を減らしかねないためだ。日本の短期国債は外国勢が7割を持つ。債券相場が大きく変動しかねない。

市場関係者は米連邦準備理事会(FRB)が30~31日に開くFOMCで利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]