覇権争いイコール軍事的緊張 鈴木幸一 IIJ会長

2019/7/30 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今さらの話だが、そもそも軍事力は経済権益の拡大、その維持のためにあるといってもいい。経済問題を、政治や軍事問題と切り離して考えること自体、あえてその本質を避けた議論となることは言うまでもない。

第2次大戦後、米・ソの核戦争になるのではないかと世界を緊張させたのは、1962年のキューバ危機である。カストロのキューバ革命は1959年である。キューバ危機は、ソ連のキューバにおける核ミサイル基地建設に対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]