台湾、トップガンが映す米中との距離 編集委員 村山宏

ニュースこう読む
コラム(国際・アジア)
中国・台湾
朝鮮半島
2019/7/29 14:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾が政治の季節に入った。野党の国民党は28日、韓国瑜・高雄市長を2020年1月の総統選挙の候補に決めた。民進党の蔡英文総統に挑む。争点は米国、中国との距離感だ。民進党は米国との関係を重視するが、国民党は経済に限って中国も重視。そんな折、戦闘機乗りの生きざまを描く米映画「トップガン」の続編(20年公開)から台湾の旗が削除されることが明らかになった。トップガンを手掛かりに台湾と米中との行方をひもと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]