2019年9月17日(火)

葬儀参列者ら60人超殺害 ナイジェリア、過激派か

2019/7/29 9:27
保存
共有
印刷
その他

【ナイロビ=共同】ナイジェリア北東部ボルノ州の複数の村で27日、武装集団が葬儀の参列者らを襲撃し、少なくとも65人を殺害した。ボルノ州が拠点のイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行とみられている。ロイター通信などが28日に報じた。

イスラム過激派ポコ・ハラムの襲撃を受けた村(2018年、ナイジェリア)=ロイター

襲撃された村は、州都マイドゥグリに近い。武装集団はバイクや車で乗り付け、銃撃した。一部住民は、襲撃後に武装集団を追跡しようとした際に殺害されたもようだ。

女性や子どもも犠牲になったほか、家屋が燃やされたり食料が略奪されたりしたという。

現場付近ではこのほど、住民がボコ・ハラムの戦闘員約10人を殺害する事件があり、27日の襲撃はその報復だった可能性がある。

欧米の教育や価値観を否定するボコ・ハラムは2009年以降に過激化した。ナイジェリアや周辺国でテロを繰り返し、3万人近い住民を殺害したともいわれている。

14年に学校から200人以上の女子生徒を拉致したアブバカル・シェカウ容疑者率いる派閥と、IS系勢力との間で内部分裂している。シェカウ派は主に住民を襲撃し、IS系勢力は軍兵士を攻撃することが多い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。