人工冬眠など「野心的研究」25事業挑む 政府が支援

2019/7/29 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢化で低下した身体能力を回復する「サイボーグ」化技術や地球上からのゴミ廃絶、「人工冬眠」技術――。政府が新設するムーンショット型研究開発制度で掲げる25の目標候補がわかった。国を挙げて野心的な課題に取り組む姿勢を示し、国内外の研究者を呼び寄せる。少子高齢化などの課題解決と新産業の創出の一挙両得を狙う。

ムーンショットとは人類を月に送った米アポロ計画のように、大胆な発想に基づく研究開発を指す。実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]