/

関東梅雨明け、昨年より30日遅く 岩手など猛暑日に

(更新)
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち(29日午前、東京都中央区)

気象庁は29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。統計開始以降最も早かった昨年より30日遅く、平年より8日遅かった。梅雨がない北海道を除いて、まだ梅雨が明けていないのは東北だけになった。

29日の日本列島は太平洋高気圧に覆われ、日差しが照りつけるなどして各地で朝から気温が上昇した。岩手県釜石市で36.2度、兵庫県豊岡市で35.9度、茨城県大子町で35.6度など、9地点で正午までに猛暑日(最高気温35度以上)を観測した。正午現在で全国654地点が真夏日(同30度以上)となっている。

東京都心も33度まで気温が上がった。湿った空気が入り込む影響で大気が不安定になり、日中は局地的に雷を伴った激しい雷雨となるところもありそうだ。

今年の梅雨は東日本や北日本の太平洋側を中心に日照時間が短く、記録的な「梅雨寒」となっていたが、気象庁は一転して東、西日本で8月2日ごろにかけて、北日本で30日から8月3日ごろにかけて気温が高くなると予想。猛暑日の地点も出てくるとして、熱中症などの健康管理や農作物の管理に注意を呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン