/

この記事は会員限定です

ユーラス、発電所内に大型サーバー 送電線介さず供給

[有料会員限定]

風力発電で国内最大手のユーラスエナジーホールディングス(東京・港)は発電所にサーバーセンターを設置し、自前の電力で運用する事業を始める。米国で2020年1月から実証実験を始め、サーバーを通じて画像処理のクラウドサービスを提供する。再生可能エネルギーによる電力を送電線を介さずに安定供給できる仕組みとして、国内外で広げることも検討する。

米半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)や、ク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン