/

この記事は会員限定です

衛星ビジネス、新興勢躍進

NASA出身者の起業も

[有料会員限定]

衛星を使ったデータビジネスでも、米国を中心にスタートアップの躍進が目立つ。米航空宇宙局(NASA)の出身者が起業するなど人材の流動性が高いほか、成長産業として投資家からの関心も高いためだ。

超小型衛星開発の米プラネット・ラブズはNASAの元技術者らが2010年に設立。130基以上の衛星で地球をくまなく撮影している。地上の3メートル以上の大きさの物体なら高精度で識別できる。日本でもスカパーJSATと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン