雇用、ゆがむ「景気映す鏡」 回復でも残業は減少
エコノフォーカス

2019/7/29 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

雇用と景気の関係が変化している。この数年は企業の人手不足感が強まっているのに景況感の改善はわずかだったり、残業時間が減っているのに景況感が改善したりしている。少子高齢化による深刻な働き手不足や働き方改革の広がりといった構造変化が影響してきたようだ。「雇用は景気を映す鏡」という従来の見方が通じにくくなっている。(中村結)

那覇市を走るモノレール「ゆいレール」。延伸区間の開業が今春から10月にずれ込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]