/

この記事は会員限定です

五輪後最大級の再開発 東京・内幸町に複数の高層ビル

[有料会員限定]

三井不動産NTT東京電力ホールディングスが東京都千代田区の内幸町で大型再開発に乗り出す。帝国ホテルから東電の本社までを含む一体開発で、オフィスや商業施設を含む複数の高層ビルを建てる。2020年の東京五輪・パラリンピック後としては都内最大級の再開発となる見通し。景気拡大を支えてきた五輪需要の落ち込みを補う効果が期待される。

東京の内幸町は銀座と霞が関に挟まれた一等地で、皇居にも近い。再開発の着工は20年秋以降で、段階的に工事を進めて36年に完了...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン