拉致解決へ「正念場続く」 菅氏、早期帰国に決意

2019/7/28 18:00
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官兼拉致問題担当相は28日、横浜市で開かれた北朝鮮による日本人拉致問題の解決を求める集会に出席し、被害者の早期帰国に向けた決意を改めて表明した。「正念場が続いている。全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向け、安倍晋三首相を中心にあらゆるチャンスを逃すことなく全力で取り組む」と述べた。

解決に向けて首相は日朝首脳会談の実現を目指しており、トランプ米大統領の支持も得たと説明。「米国や国際社会としっかり連携しながら、問題を解決したい」と強調した。同時に「相互不信の殻を破り、不幸な過去を清算して国交正常化を目指す考えに変わりはない」とも語った。

集会では拉致被害者横田めぐみさんの母早紀江さんのビデオメッセージが上映された。早紀江さんは、6月末に電撃的に行われた3回目の米朝首脳会談に触れ「首相も早く直接、金正恩朝鮮労働党委員長と会談し、被害者が帰国できるようにしてほしい」と訴えた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]