激しく競る騎馬武者に喝采 福島・相馬野馬追が最高潮

2019/7/28 17:04
保存
共有
印刷
その他

相馬野馬追の神旗争奪戦で、舞い落ちてくる旗を奪い合う騎馬武者たち(28日午後、福島県南相馬市)=共同

相馬野馬追の神旗争奪戦で、舞い落ちてくる旗を奪い合う騎馬武者たち(28日午後、福島県南相馬市)=共同

福島県で千年の歴史を誇り、戦国時代さながらに騎馬武者たちが激しく競い合う伝統行事「相馬野馬追」で、最大の見せ場となる甲冑(かっちゅう)競馬と神旗争奪戦が28日、同県南相馬市の雲雀ケ原祭場地で繰り広げられた。約3万3千人が詰め掛けた会場は喝采と熱気に包まれ、祭りは最高潮を迎えた。

甲冑競馬では、1回につき騎馬武者7、8人が、先祖伝来の旗を背中になびかせながら疾走し、ぬかるみの泥を高くはね上げた。1位となった武者は、コースを再度回りながら友人とハイタッチしたり、ガッツポーズをつくったりした。

神旗争奪戦には約250騎が参加。花火で上空に高く打ち上げられ、落下してくる旗を武者たちが馬を走らせて奪い合った。落馬する人も出た。

今年から県内で勤務する鹿児島県出身の谷口翼さん(25)は会社の同僚らと初めて観覧。「すごい迫力だった。命を懸けてやっていると思った祭りは初めてだ」と驚いた様子で話した。

29日には、素手で馬を捕らえる神事「野馬懸」が行われ、3日間の行事が閉幕する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]