/

この記事は会員限定です

大規模動員の警備・バス 五輪へ人手確保急ぐ

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックの安全と、円滑な運営に欠かせない警備員とバス運転手の確保に、業界団体が知恵を絞っている。採用に必要な研修期間を見直したり、首都圏以外の会社に協力を得たりして乗り切りたい考え。ただ、両業界とも常態的に人手が不足しており、採用担当者は「現時点で見通しが立っているわけではない」と不安を募らせている。

「適切な警備業務を行うには、正しい法律知識が必要です」。23日、東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン