2019年9月16日(月)

サッカー

バルセロナ、パスワークで神戸翻弄 サッカー親善試合

2019/7/27 23:45
保存
共有
印刷
その他

バルセロナの前線中央には、23日のチェルシー戦に続いてグリーズマンが鎮座した。得点こそなかったものの、精度の高いポストプレーで味方と正確なパス交換を展開。メッシとスアレスが不在の中、新加入のフランス代表FWが新たな「顔」の役目を果たした。

【バルサが神戸に快勝、マンCは横浜M下す】

後半、先制ゴールを決めるバルセロナのペレス(中央)=共同

後半、先制ゴールを決めるバルセロナのペレス(中央)=共同

ポゼッションサッカーを志向し「バルセロナ化」を目指す神戸の面々は、本家が織りなす流麗なパスワークになかなかストップをかけられない。カウンターに懸けるという、かつてのスタイルに回帰させられた事実もあり、彼我の差の大きさを痛感したことだろう。

後半開始時に11人全員が交代したバルサは2得点の21歳ペレス、神戸も中坂や安井と互いにレギュラーを狙う若手がアピールに躍起に。前半とはひと味違う必死さが"花相撲"を引き締めた。

S・ブスケツらかつての同僚との再会を喜んだイニエスタは、若手の奮闘に「リーグでできていないことを見せられたのでは」。古巣がくれた刺激が、リーグ戦3連敗中のチームが立ち直るきっかけになれば、この上ないドリームマッチだったといえよう。(合六謙二)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

シッタート戦の前半、先制ゴールを決め喜ぶトウェンテの中村(15日、シッタート)=共同

 【シッタート(オランダ)=共同】サッカーのオランダ1部リーグで15日、トウェンテの中村敬斗はアウェーのシッタート戦で前半16分に先制点を決めた。今季3ゴール目。同24分に追加点もアシストしたが、前半 …続き (9:18)

エストレマドゥラ戦の前半、攻め込むサラゴサの香川=左(15日、サラゴサ)=共同

 【サラゴサ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグで15日、サラゴサの香川真司がホームのエストレマドゥラ戦で1―1の後半35分に今季2点目となる勝ち越しゴールを決めた。フル出場し、チームは3 …続き (9:17)

 【ポルティマン(ポルトガル)=共同】サッカーのポルトガル1部リーグで15日、中島翔哉のポルトは敵地で安西幸輝とGK権田修一のポルティモネンセに3―2で勝った。
 中島は2―0の後半26分から左MFで出 …続き (8:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。