ニュース

フォローする

ラグビー日本、強豪フィジーに快勝 充実5トライ

ラグビーW杯
2019/7/27 23:45
保存
共有
印刷
その他

隔世の感といったら大げさか。長年苦しめられてきた強豪フィジーの得意技を、日本の方がうまく使ったのだから。

前半23分のトライが最も美しかった。日本はバックスとFWが長短のパスを紡いで前進。最後はタックルされながらボールをつなぐ「オフロード」の連発で仕留めた。難易度の高いこの技は相手の真骨頂。ただ、この日は質・量ともに日本が上回っていた。

【日本代表、フィジーを破る ラグビー国際大会PNC】

前半、トライを決める福岡

前半、トライを決める福岡

日本は今年、難しいパスを速いテンポの中でもつなげるよう、基礎技術を一から鍛えてきた。その成果が、相手のお株を奪っての5トライに結実した。

日本のオフロードが上回った理由がもう一つ。「守備の状況を読み解く力、オフロードをブロックする力が勝利につながった」とジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は強調する。同じく春から磨いてきた組織守備が機能。速い出足で落球を誘い、パスコースを事前にふさぐ。フィジーのオフロードは何度も地に落ちた。

「相手が来日直後だったことと暑さの影響は考慮する必要がある」ともHCは言う。確かに敵失がなければもう2トライほど許していた。ただ、強豪国の仲間入りをしつつある相手に、久々の実戦で快勝を遂げたのは事実。リーチ主将は「10年間、代表でやってきたけどチームとしての成長を感じる」と胸を張る。

この勝利には別の意味もある。「人生で一、二を争う厳しさだった(今月までの)宮崎合宿がしっかり結果として表れた」。チーム選出のMVP、プロップ稲垣は話す。W杯イヤーの日本は断続的に長期合宿を行う一方、試合数を極端に絞っている。進んできた道が正しいと実感できたことは、最大の成果ではないか。(谷口誠)

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕 …続き (11/14)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]