/

ラグビー日本、強豪フィジーに快勝 充実5トライ

隔世の感といったら大げさか。長年苦しめられてきた強豪フィジーの得意技を、日本の方がうまく使ったのだから。

前半23分のトライが最も美しかった。日本はバックスとFWが長短のパスを紡いで前進。最後はタックルされながらボールをつなぐ「オフロード」の連発で仕留めた。難易度の高いこの技は相手の真骨頂。ただ、この日は質・量ともに日本が上回っていた。

【日本代表、フィジーを破る ラグビー国際大会PNC】

前半、トライを決める福岡

日本は今年、難しいパスを速いテンポの中でもつなげるよう、基礎技術を一から鍛えてきた。その成果が、相手のお株を奪っての5トライに結実した。

日本のオフロードが上回った理由がもう一つ。「守備の状況を読み解く力、オフロードをブロックする力が勝利につながった」とジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は強調する。同じく春から磨いてきた組織守備が機能。速い出足で落球を誘い、パスコースを事前にふさぐ。フィジーのオフロードは何度も地に落ちた。

「相手が来日直後だったことと暑さの影響は考慮する必要がある」ともHCは言う。確かに敵失がなければもう2トライほど許していた。ただ、強豪国の仲間入りをしつつある相手に、久々の実戦で快勝を遂げたのは事実。リーチ主将は「10年間、代表でやってきたけどチームとしての成長を感じる」と胸を張る。

この勝利には別の意味もある。「人生で一、二を争う厳しさだった(今月までの)宮崎合宿がしっかり結果として表れた」。チーム選出のMVP、プロップ稲垣は話す。W杯イヤーの日本は断続的に長期合宿を行う一方、試合数を極端に絞っている。進んできた道が正しいと実感できたことは、最大の成果ではないか。(谷口誠)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン